花、実、緑葉、紅葉、落葉が楽しめるブルーベリー、切り花にしても楽しめます!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

blue-berry0

花、実、緑葉、紅葉、落葉が楽しめるブルーベリー、切り花にしても楽しめます!

タイトルの通り、ブルーベリーに花が付く季節です♪

ブルーベリーは花だけではなく、新芽や果実、紅葉、落葉と四季をたっぷりと楽しめるとても良い植物ですが、それだけでは無く切り花にして楽しむ事も出来るんです!

方法は簡単、2月〜3月の剪定で切った枝をそのまま水に挿すだけ。
花芽が閉じている状態で挿しても温かくなれば花も葉も出てきます。

また花芽は多く残していると枝の養分が多量に使われてしまう為、先端に少しだけ残してあとはちぎってしまうと良いですよ。

ではではそんなブルーベリーの育て方を簡単にご紹介

  分類

ブルーベリーはツツジ科スノキ属の植物で、コケモモなんかと近いです。
かなり強健で育てやすく、虫もあまり付かず病気にもかかりにくい為、初心者でもとても育てやすく、四季を楽しめるのでちょっとした果樹や庭木を育てたい方におすすめです!

 

  育てるポイント

育てる為のポイントは3つあり、

1.日当りが良い事
2.酸性の土壌で育てる

3.水をしっかりと与える

です。

まず日当りですが、真夏以外は直射日光が当たるくらいの所が好ましいです。
次に土壌ですが、酸性の土壌で育てます。
ブルーベリーの土など専用の土もありますが、鹿沼土とピートモスを同量混ぜた土でも飼育出来ます。
そして水ですが、乾燥に弱いので晴れている日は水を切らさないようにたっぷりと与えます。土にピートモスを使用しているので、水が切れた場合は吸収しにくくなってしまうので注意が必要です。

 

  実をつける為のポイント

ブルーベリーは自家不結実性が強い為、実をつけさせる為には同じ系統の違う品種の苗を一緒に育て、受粉させる事で多く結実させる事が出来ます。
系統はラビットアイ系ハイブッシュ系とに分かれ、ハイブッシュ系の中には1種で実を結ぶ品種もあるようですが、複数を用意していた方が確実です。

ラビットアイ系・・・関東以西での栽培に適し、土壌適正が広く暑さや乾燥に強いですが、寒さにやや弱いです。実は小さいが甘みが強く、収穫量も多い。

ハイブッシュ系・・・関東以北での栽培に適し、涼しい場所での栽培に適しています。全体的に大粒で、甘みと酸味のバランスの良い品種が多いです。

 

  ブルーベリー寄せ植え

果樹の寄せ植えはなかなか無いですが、ブルーベリーも酸性土壌を好むため寄せ植えは難しいです。
しかし、セダムと一緒に植えている鉢を見た事があり、両方ともとても元気に育っていました。好む土壌環境は違いますが、日当りが良いと上手く育つのかもしれません。
興味ある方は一度試してみてもいいかも♪

 

いかがでしたでしょうか。
初心者の方でも簡単に育てられ、緑葉・花・実・紅葉・落葉・切り花など色々な楽しみ方が出来るブルーベリー、興味があればぜひぜひ挑戦してみて下さい(^^)

 

 blue-berry1

 

Facebookで“いいね”
スポンサーリンク

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★

onlineshop-banner-moba

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です