複数のクレジットカードの利用明細をまとめるアプリ“CRECO”が凄く便利!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

複数のクレジットカードの利用明細をまとめるアプリ“CRECO”が凄く便利!

突然ですがクレジットカードは何枚持っていますか?
日本人の平均的な枚数は1人あたり3〜4枚らしいです。
私も5枚持っているのですが、そのうち実際に使用しているのは3枚。
残りの2枚は別の目的で作った時に付いてきたものです(^^;)
解約しようにもクレジット以外の機能はよく使うのでそのままにしています・・・

そしてクレジットカードの話しに戻りますが、3枚でも明細を見たりその月の引き落とし金額を確認するのが結構面倒だったりするんですよね。
それぞれ別のサイトにログインして日付を確認して・・

そんなとっても不便なクレジットカードの明細の確認ですが、なんとまとめてする事が出来るアプリがあったんです。

その名も“CRECO”

CRECOとは?

『CRECO(クレコ)』はクレジットカードの明細をまとめて管理できるアプリです。
「いつ」「どこで」「どのカードで」「いくら」使ったのかが一目でわかります。
しかも、使っているだけでポイントが貯まるお得なアプリです。

引用元:https://creco.cards/

運営会社のホームページにあるように、複数のクレジットカードの明細をまとめて管理できるアプリで、現在はandroidやiphoneなどで利用できます。

CRECOの特徴・出来ること

CRECOはただアプリでクレジット明細を見るだけではなく、幾つかの便利な機能もあります。
しかし、何と言ってもクレジット明細をまとめる機能は他に類を見ない程に凄い!
私の利用画面も併せて紹介したいと思います。

カード毎のその月の請求金額・明細を確認

まず基本の機能です。
各クレジットカードの会社毎に明細を確認出来ます。

サンプルに私の2016年6月の明細を載せてみます。

CRECO1

こちらが楽天カードの明細。

CRECO2

そしてこちらがリクルートカードの明細です。
CRECOの様式ではなく、各会社で発行している明細のまま確認できます。
ここでのポイントは請求金額が確認出来る事です。

カード毎のその月の利用金額・明細を確認

次にこちらの画面ではカード毎のその月の利用金額が確認出来ます。

CRECO3

判りにくいですが、同じ2016年6月の利用金額ですが金額が違っています。
これは先ほどのが6月に“実際に支払う金額”に対し、今回のものは“実際にお店などで使用した金額”が表示されています。

これは、クレジットカードは使用したらすぐに口座からお金が引き落とされるのではなく、締め日に一旦その月に使用した金額を集計し、2〜3ヶ月後に引き落とされます。

その為、この機能を使えばリアルタイムでクレジットで利用した金額を知る事ができるのです。しかし、この金額はカード会社の明細に登録されるとCRECOに反映されるので、登録が遅い支払いなどはすぐに反映されません。

とは言ってもこの機能は大変便利で、事前に金額が判っていれば、使い過ぎで後になってびっくりする位の支払い請求が来るなんて事もありませんし、「今月は結構使っているからちょっと節約しよう」なんて計画をたててクレジットカードを使用出来る訳です。
また、家計簿を付けている方はクレジットカードは引き落としで付けている方か、実際の利用日で付けている方に分かれると思いますが、どちらの方にとっても明細が調べやすく家計簿を付けるのが楽になる!なんてメリットもあります♪

その月の利用金額をカレンダーで日付毎に確認

先程のその月の使用金額の確認がさらに細かく見られます。

CRECO4

少し小さくて判りにくいですが、カレンダー形式で日付毎にいくら使ったかを確認できます。
色がついているのはカード毎に色分けされていて、私の場合は緑がリクルートカードオレンジがエネオスカード赤が楽天カードの利用となっており、一目でいつどのカードを使用したかが判るようになっています。

日付毎の使用履歴を確認

さっきのカレンダーを切り替えると、日付毎に“どのカード”“何に”“いくら”使用したかの確認ができます。

CRECO5

こんな感じでクレジットの利用履歴が丸裸に。
この機能を利用すれば“最近行動があやしい旦那さん”の動向もカード利用履歴からバッチリ調べる事ができますよ!(笑)

他には細かい機能として、日ごとの明細に判りやすく写真を保存する機能や、月額の利用上限を設定して超えると通知してくれる機能、アプリの着せ替え機能なんかもあったります。
上限が超えると通知してくれるのは全カード併せてなので意外と便利だったりします♪

CRECOはポイントも貯まる

CRECOは利用明細の確認が大きな特徴なんですが、もうひとつの特徴として、通常のクレジットカード利用に対してポイントが貯まるという特典があります。

このポイントはクレジットカードの会社に関係なく、CRECOに登録しているカードをお店で使用するだけで、1000円につき10ポイント貯まるんです。

通常のカードのポイント(楽天カードなら楽天ポイント、リクルートカードならリクルートポイントなど)も貯まるので、なんと2重にポイントを貰う事ができ大変お得です。

ちなみにカードを1枚登録毎にも300ポイント貰えます。

貯まったポイントはPexポイントギフトやアマゾンギフト券、商品などと交換できる

貯めたCRECOポイントは、現金/航空マイル/電子マネーなどを交換先にもつ「PeXポイントギフト」や「Amazonギフト券」などに交換できます。

クレジットカードの利用では還元率が1%とかなり高額ですが、ここでPexポイントギフトやAmazonギフト券に交換するとかなり還元率が下がってしまいます。

また商品交換はあまり還元率が下がりませんが、50,000ポイントからの交換とかなりハードルが高いです。
こればかりは今後還元率が上がるか、交換商品が増えるのを期待して待つしか無さそうです・・・

とは言っても、この明細をまとめる機能はそれだけでも便利すぎる機能で、複数毎のクレジットカードを持っている方なら使わない手はありません。
またポイントに関しても、今までにプラスして貰えるだけなのであまり“ポイントの為に!”と気を張らなくても気軽に貯められると思います。

それにちょっとしたクレジットカードの裏技を利用すればポイントは驚く程どんどん貯まるんですよ!
・クレジットカードを利用して税金や公共料金を払いポイントを貰う方法
や、
・クレジットカードで家賃を払う
・リボ払いや分割払いの金利手数料を下げる方法
などは今後紹介していく予定なのでお楽しみに!

CRECOの安全性は大丈夫?

ここまでCRECOの特徴や良い所を色々紹介してきましたが、一番気になるのはやはりクレジットカードを利用する安全性。

カード番号や個人情報が抜き取られるんじゃないのかな?
とかとても心配ですよね。

CRECOのセキュリティについては、“クレジットカード会社WEBサイトへのログイン認証情報(IDおよびパスワード)は暗号化して、CRECOをインストールした端末内にのみ保存されている”ようで、“万一サーバが悪意ある攻撃を受けた際も、認証情報が漏えいする危険性はございません。”

と、ホームページにはあります。
基本的には端末に全て保存されているので、ひとまずは安心といった感じですが、やはり個人情報の管理に100%大丈夫とはなかなか言えないので、その辺りは自己責任で利用した方が良いのかなと思います。

と、こんな感じのクレジット明細管理アプリ“CRECO”ですが、今後も利用出来るカードやポイント特典のある店舗なども増えていくようなので期待したいアプリです(^^)

【金券ねっと】商品券をクレジットカードで購入!即日発送・あんしんのクレジット決済

ビットフライヤーで仮想通貨ビットコイン取引デビュー!
今なら手数料無料でキャンペーンも実施中!24時間365日取引可能!

Facebookで“いいね”
スポンサーリンク

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★

onlineshop-banner-moba

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です