【WordPress】ウィジェットの一部が表示されない時の対処法

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

ウィジェットの一部が表示されない時の対処法

サーバーを移転して、ローカルからファイルをアップしたら様々なエラーが出てしまいました!その3

ウィジェットエラー

  エラーその3.ウィジェットの一部が表示されない

トップページも、投稿ページも表示されるようになりました。

だがしかし!

今度はウィジェットが表示されないよー

そもそも表示するウィジェットを全然入れてないのではっきりとは判らないのですが、

ランキングやコンタクトフォーム(お問い合わせ)やSNSシェアボタン、あとTOP画像が表示されません。

なかなか手強いな、WordPress!と言う訳で、いつもの

 “教えて!Google先生ー!”

Google先生:「ふぉーっふぉっふぉっふぉ。呼んだかな?」

 

私:「WordPressのウィジェットの一部が表示されないんです(>_<)」

 

Gugule先生:「ふぉーっふぉっふぉ。

       ・・・・・・・・ググるのじゃ!!」

 

私:「・・・・・・はい(泣)」

というやり取りがあったのか無かったのか、結局Google検索する事となりました。

やはりWordPressは手強いようで、幸運にも(?)同じエラーが出る方の記事が多数!

原因は、“引っ越しをした際にファイルのURLを一括置換えした事”が考えられる模様。

どういう事かと言うと、

引っ越しの時にファイルに記録してあるリンク(?)のURLですが、

引っ越し前の

http://yocy.blog.fc2.com

から、引っ越し後の

http://xn--qckyd1c310pfjoxu9b.com

へ、テキストエディタを使用して一括置換えした事でバイト数が変わった事からエラーになったようです。

URLの文字列だけでは無くて、その文字数(バイト数?)も記録されている様で、

引っ越し前は 24文字 で記録されているのに、

引っ越し後は 33文字 になっててて、

これが前に記録されてる24文字と照合されて「合わないよー!」って事になってたみたいなのです。

初心者にとっては、そんな細かい事まで・・・
って感じなのですが、そういう仕様なのだから仕方が無い!

と言う訳で、解決方法も探しました。

参考にさせて貰ったのがこの“WordPress移行時にURLをSQLで直接一括置換はダメ!”の記事です。

どうやら文字数も併せて変換してくれるようです。

 

細かい流れは、“FC2(ほぼMacローカル)からXserverへ移転した時の手順”に記載してあるのでそちらを参考に。

FC2(ほぼMacローカル)からXserverへ移転した時の手順
ローカルで保存(作成)したWordPressをサーバーへアップする!以前書いたの...

 

今回はこの変換方法だけ紹介します!

 

   “Search Replace DB”でURLを一括置換えする

  1. ローカル側(又は移転する前のサーバー側)のphpMyAdminを使ってログやらをエクスポートします。

  2. エクポートしたデータをサーバー側へインポートします。
     
  3. インポートしたサーバー側へ“Search Replace DB”をアップします。

    まず“interconnect/it”さんでファイルをダウンロード。

    真ん中辺りにある DOWNLOAD V xxx ってやつをクリックします。

    wijet-error2

    すると“Search-Replace-DB-master.zip”ていうファイルが出来るので、解凍します。

    解凍したファイルをそのまま、FTPを使ってサーバー側のWordPressのフォルダにアップします。

    wijet-error3
     

  4. “Search Replace DB”を使ってURLを置き換える

    “Search Replace DB”はWeb上で利用するので、以下のURLへアクセス。

     
     http://※アップした階層/Search-Replace-DB-master/

     
    ※アップした階層はだいたい“あなたのHPアドレス(/wp/があったりなかったり)”です。
    私の場合 http://初心者ブログ.com/Search-Replace-DB-master/となります。

     
    アクセスすると下の様な画面になります。

    wijet-error4

    一番上の“search/replace”という項目で変換を行います。

    薄く serch for… と書かれている欄に、今入っているURLを。

    右の eplace with… という欄に新しいURLを入れます。

     
    が、ここで注意!
    入力する際は出来るだけ多くヒットするよう、シンプルにしましょう。

    「http://www」や不要な「/」は省きます。

    × : http://www.初心者ブログ.com/wordpress/

    ○ : 初心者ブログ.com/wordpress

    といった感じです。

    入力したら、下の Live run をクリックすると自動的に置換えられます。

     

  5. アップした“Search Replace DB”を削除して完了

    作業は4.までで終わりですが、“Search Replace DB”を削除しておきましょう。

    delete me というボタンをクリックすると“Search Replace DB”が削除されます。

以上で作業終了です!

自分のサイトへ行ってきちんと表示されている事を確認しましょう。

Facebookで“いいね”
スポンサーリンク

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★

onlineshop-banner-moba

コメント

  1. 廣瀬哲也 より:

    ウィジェットが全く表示できずこの記事に救われました。
    私もサボテンが好きです。白檀、宝山ですね。。。
    宝山は花咲数が世界一といわれます。

    アドセンスの貼り方おしゃれですね。
    リンクユニット私も賛成です。以外とクリックされますからね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です