PS4のコントローラーが故障した!分解&修理してみた

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

PS4のコントローラーが故障しちゃった!!

故障したと言っても、何処かが壊れたとかボタンが効かないとかじゃないんです。

何か変な症状で・・・

その前にPS4なんですがプレイしているゲームはただ1つ、FINAL FANTASY14だけなんです(^^;)
他のゲームは全然していなくて、この為にPS4を買ったも同然!

で、そんなPS4なんですがFF14をプレイしていると不思議な症状が出るんです。

R2ボタンを押すとキャラクターがゆっくり左に歩くー!!

何だこれは!?って症状です。

他のゲームをしていないのでコントローラーが悪いのか判らないのですが、Google検索してみると同じ様な症状の方がごく少数居るよう・・・

これ何が困るかと言うと、スキルを使おうとR2ボタンを押すと歩き出すのでスキルが使えない!!

しかも毎回じゃなくて時々なので、使えたり使えなかったりするのでめっちゃ悩ましいのです。

どうやら買い替えると治るようですが・・・
PS4のコントローラーって高いんです(>_<)

どこも安くなっていなくて5,000円以上はします!

流石にちょっと購入はためらってしまう。

という事で探してみると、不思議な商品を発見!

接点復活王!!

settenfukkatu

□接点部に付着したカーボンや汚れなどを除去し、電気機器などの接点を酸化・硫化から守ります。
□接点の摩耗による接触抵抗の増大を防ぎ、接触抵抗を安定化させ、接点の寿命を延ばします。
□非シリコーンタイプで、低分子シロキサンによる接点障害の心配が全くありません。
□鉱油、溶剤を使用していないので、ほとんどの素材を侵しません。

とメーカーHPには書かれています。

R2ボタンを押して左に動くなんて物理的な故障ではないはず!
きっとIC部(?)がおかしいんだーと思って調べてみたこの商品。

なんだか良く判りませんが、電気基盤の接触を良くする代物らしいです!
そして幾つかある“接点復活材”の中からこれを選んだのは、

□鉱油、溶剤を使用していないので、ほとんどの素材を侵しません。

と言う所!

他の商品を見ていると“プラスチック部を浸食する恐れがある”とか怖い事が書かれていたのに対し、この商品はその心配が少ないようです。

プラスチックやシリコンゴムで出来ているコントローラーに使っても安心という事ですね♪

と言う訳で早速購入しコントローラーを分解。

bunkai-controller

中はこんな感じになっているようです。

ちなみにこれはダメだったら買い替えようって思って分解したので、保証期間内の場合はメーカー等に修理以来する事をおすすめします!

でも実はL2やR2ボタンが折れやすくて、アマゾンで交換用パーツまで売ってる位故障が多いみたいなんですけどね・・・

分解する場合はコチラのようなYou Tubeの分解動画とかを参考にすると判りやすいかもです。

分解したら、基盤のある隙間に向かって“接点復活王”をシュッシュッと吹き付けます。

シューッと吹き付けると、私みたいにボタンの隙間からオイルが出てきてヌルヌルのベトベトになってしまいます(笑)

吹き付けたら乾くまで半日放置して組み立て直すと・・・

ふっかーっつ!!

しました♪
もうダメだと思っていたのでこんな簡単に治って嬉しい!

ほんと何の問題も無く動いています。

この接点復活王、古くなったゲームカセットや調子の悪い電子機器にもかなり有効なようです♪でも分解は自己責任でお願いします!!

メーカー保証も切れてもう買い替えるしか無い!
って位の状態で最終手段として使うのが良いようです。

ちなみにこの後別のゲームで2人プレイしようと新しいコントローラーも買っちゃいました♪

でも治らなかったら1万円以上の出費だったので助かりました。

controller2

Facebookで“いいね”
スポンサーリンク

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★

onlineshop-banner-moba

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です