スマホを使って写真加工!夜景をより美しく幻想的に★

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

ラクーアクリスマスツリー

スマホだけで簡単に写真加工!夜景編

普段はフォトショップ等を使ってブログ写真を加工しているのですが、スマホだけで簡単に加工出来ないかなーとアプリを探していた所・・・

見つけました!

無料で機能たっぷりの写真加工アプリ♪

「しかも機能たっぷりって、使い方が難しかったり動作が重かったりするんじゃないの?」

「そんな事ありません!

 このアプリを使えば・・・」

と通販風に紹介しましたが、そんな怪しいアプリではありません(笑)

メインはアプリ紹介ではないのでサクッと紹介します。
今回私が見つけてきたアプリは、“Camera360”“Snappseed”です!

全然知らなかったのですが、“Camera360”はめちゃめちゃ有名らしいですね。

200以上のフィルターや自撮り&美顔機能などが凄いみたいなんですが、私が気になったのは

「細かい箇所を簡単に指定して、色相や彩度、明るさ等を調整出来る!!」という点。

なんともマニアックですが、なかなかこの“細かい箇所を指定して”というのが見つからないんですよね・・・

と言う話しは置いといて、早速加工方法の紹介です!

   Camera360の使い方(夜景編)

機能が多過ぎて紹介しきれないので、取り敢えず使用した所だけ紹介していきます!

  1. スマホに保存されている写真を読み込む

    下のような画面になるので“アルバム”を選択、“端末ギャラリー”から写真を読み込みます。

    カメラ:その場で撮影して加工したり、フィルーターをかけた状態で撮影なんかも出来ます。
    自撮りPro:内側のカメラで撮影モードになり、自動的に美肌効果などがかけられます。
    アルバム:スマホに保存されている写真を読み込みます。
    ホーム:様々な設定ができます。
    それ以外:広告です(笑)

    camera360-top

     

  2. 写真の編集

    下のメニューにある“編集”をタップして、写真を加工すると下の様な画面に移ります。

    カメラ360編集画面

    色々な編集メニューがありますが、今回は“色彩”をメインに使用します。

    色彩をタップすると下の様な画面に移るので、適当な色をタップします。
    ここではそれぞれの色事に、“色合い・彩度・明るさ”が調整出来ます。
    私は全ての色を一応いじって様子を見てみるので、左のレッドから順番に行ってみます。

    カメラ360編集画面ー色彩

    下の様な画面になるので、色合い・彩度・明るさのバーを適当にスライドさせて、色の変わり具合を見ます。
    ここは本当に適当です。(笑)色によっては変化も無いのもあるので、そういう時は無理にいじらずそのままです。

    カメラ360編集画面ー色彩彩度

    ちなみに私のやり方やここでの目安は、出来るだけ多くの種類の色が出て、それぞれが認識出来るように彩度や色合いを調整します。
    ナチュラルな色味より、派手な位に見える方が好きです。
    この辺は好みだと思います!

    でも、明るくしすぎて真っ白な部分が広がったり、暗い部分が塗りつぶれたり、同じ色の中に滑らかでは無い色味が出てきたりするとやり過ぎです。
    その後での調整などで汚くなってしまうので注意です。

    いい感じに色が付いてきたら右下のチェックマークをタップして確定させます。

    “Camera360”の便利な所はこのチェックマークをタップしなければ確定にならないので、何度でも変更する事が出来ます。
    なので、「イエローを調整して、オレンジも調整したらちょっとやり過ぎちゃったので、イエローを弱くしよう」等、調整を重ねた結果を見ながら編集できます。

    また、写真をタップしている間は調整前の写真が表示されるので、どの様に色が変わっているか確認しながら作業をする事もできます!

    これもの凄く便利な機能です♪
     

     
    “色彩”以外の編集ツールは、“偏向”“調整”が使いやすいです。

    “偏向”
    “陰影”(暗く陰になっている場所)
    “中間トーン”(明るくも暗くもない場所)
    “ハイライト”(光が当たって一番明るい場所)
    に分けて、色のフィルターが掛けられるイメージです。
    ここも適当にいじってみて、好みの色にしてみましょう。あまり変化が無ければいじらなくても大丈夫です!
     

    “調整”はさらに色々な項目があって判りにくいですが、主に使う物は
    “色温度・トーン・露出・鮮やかさ・彩度・シャドー”です。

    “色温度”
    写真に当たっている光を変えるイメージです。蛍光灯の下では青っぽい写真が写ったり、電球の下では黄色っぽい写真になるように、バーを左に動かせば青っぽく、右に動かせば黄色やオレンジになります。
    冷たい物や無機質な物、水色などの透明感を目立たせたい場合は左に、料理や夜景などの暖かみを持たせたい時は右にスライドさせると綺麗です。

    “トーン”
    難しいので良くわかりません。(笑)簡単に言うと、明るさと彩度をそのままに色を変えるイメージ?これはいじりすぎると変な色になるので、ちょっとずらして好みの色が出たら使う位にとどめておきます。

    “露出”
    写真全体の明るさです。ここもいじり過ぎるとおかしくなるので、後述のアプリ“Snappseed”を使用する場合はいじりません。面倒なのでCamera360だけって方は、軽く右にずらして明るくするとだいたい綺麗に見えます♪

    “鮮やかさ・彩度”
    違いが判りません(笑)どっちも鮮やかにする機能だと思うのですが・・・
    適当にちょっとずついじってみて下さい!

    “シャドー”
    暗い部分の明るさなんかを調整出来ます。
    左に動かすとより暗く、全体が引き締まります。普通はそうした方が綺麗に見える事が多いんですが、私は右に動かして、暗く見えない所まで明るく確認出来るようにしちゃいます♪
    しかし、これは後で色を着けて暗く戻すという事をしないと、全体的にのぺーっとした写真になってしまうので注意です!

    以上をいじったら、またまた右下のチェックで確定します。
    説明に「適当に〜」という箇所が多いのですが、本当に適当に調整して気に入ったらまとめて確定!気に入らなければやり直し!と気軽に何度も変更出来るのがCamera360の良い所だと思います。

     
    ある程度好みの写真になったら、右上の“保存”をタップして保存しましょう。

    以上でCamera360の使い方(夜景編)は終了です。
    根気のあるかたはSnapseedの使い方(夜景編)も試してみましょう!

   Snapseedの使い方(夜景編)

Camera360では色味を中心に編集しましたが、Snapseedでは明るさを中心に編集します!

  1. 写真を読み込む

    こちらはとてもシンプル!
    起動すると下の様な画面になるので、画面をタップして写真を読み込みます。
    こちらはそれ以外の機能がありません!
    ほんとスッキリしていて使いやすい♪

    Snapseedトップ画面

     

  2. 写真の編集

    写真を開いたら右下の鉛筆マークをタップして下の編集画面に移ります。

    snapseed編集

    また色々な機能がありますが、よく使用するのは“画像調整・部分調整・シミ除去・グラマーグロー・HDR風”です。
     
     
    まずは“画像調整”です。
    その中でもよく使う物が“明るさ・彩度・シャドウ・ハイライト・色温度”です。
    機能もCamere360と同じなので省略です(笑)
    ではなぜCamera360ではなくSnapseedを使うかと言うと、こっちの方が自然な色合いで調整出来るからです♪

    これは使ってみれば判るのですが、どの編集をしても明るい所から暗い所まで自然に調整してくれます!
    なので結構強めに彩度や色温度も変更できるんです。

    これは本当に素晴らしい♪

    肝心の使い方ですが、上下に指をスライドさせるとメニューが出てきます。
    メニューの中から好きな項目を選び、指を左右にスライドさせると強さを調整出来ます。
     
     
    ここで、上記の“明るさ〜色温度”まで適当にいじってみましょう!

    またまた適当ですが、Snapseedも複数項目を調整してまとめて確定出来ます。
    確定する時は右下のチェックマークをタップしましょう。

    また、右上の“四角が半分消えかかっている”マークはタップしている間編集前の写真を表示できます。
    確認しながら作業するとやりやすいです♪

    上手く調整出来たら保存しましょう。

    次に“部分調整・シミ除去”のツールですがこれは慣れてからでも大丈夫です。
    一応機能としては、“部分調整”は写真の細かい箇所を指定して、明るさ・彩度・コントラストを調整出来ます。
    なので先ほどCamera360で暗い部分を確認出来るように明るくし、色を鮮やかにした場合は、この機能を使って暗さを加えると引き締まって綺麗になります♪
    “シミ除去”では写真の中の小さな汚れやシミを除去出来ます。
    私は大きく色を変えた時に色の階段(?)のような境目が出来たりする時に、これを使って除去したりします!でも面倒なので結構そのままだったりもします(笑)

    そして、“HDR風”は良く判らないけど、何か色が変わる機能(!?)で、なんだか派手目の色がつけられます。
    HDRと言えば明るい場所や暗い場所でも、明るさの階調を保存する方法(?)らしいですが、これはちょっと違う様な気もするので、適当に調整します。
    方法は先ほどと同じく、上下でメニュー、左右で強さを変えられます。

    また“グラマーグロー”は適度にぼかして、光を幻想的にする事が出来ます。
    初めからフィルターが5種類用意されているので、それらを使用して変化を見てみましょう!
    好みの物が無くても、他のツールと同じように、上下で“グロー・彩度・色温度”が変えられ、左右でそれぞれの強さが変えられるので好みの雰囲気にしてみましょう♪

    加工が終了したら、メニュー画面左上の←をタップしトップ画面に戻り、右上の保存ボタンで保存します。

    snapseed編集その2

    写真の加工は慣れないうちは1回で綺麗にしようとは思わず、保存をくり帰りながら、細かく重ねるのがコツだと思います!

    私もまだまだ始めたばっかりなので、良い機能やアドバイス等があればどしどし教えて下さいm(._.)m

以上で簡単ですが、今回の使い方の説明は終わりです。

一応今回の説明の方法で加工した写真なんかも紹介しておきます!
他にもInstagramでもどんどん紹介していく予定なので、良ければフォロー下さい♪

日比谷クリスマスマーケット

ラクーアクリスマスツリー

イクスピアリ

メディテレーニアンハーバー

 

 

Instagram

Facebookで“いいね”
スポンサーリンク

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★

onlineshop-banner-moba

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です