スマホを使って写真加工!植物を瑞々しく鮮やかに★

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

retouching-plants0

スマホだけで簡単写真加工!植物編

前回、前々回と夜景編・青空編を紹介しました。

スマホを使って写真加工!夜景をより美しく幻想的に★
スマホだけで簡単に写真加工!夜景編 普段はフォトショップ等を使ってブロ...
スマホを使って写真加工!お昼はクッキリ明るく美しく★
スマホだけで簡単に写真加工!青空編 前回は夜景を綺麗に加工する方法を紹介し...

今回は私の大好きな植物を綺麗に見せる技、植物編の紹介です!!

誰も興味ないかもしれないけど・・・(^^;)
今回もスマホの無料アプリ、“Camera360”“Snapseed”を使っての加工方法を紹介します。

今回のポイントは“HDR風”で全体の色を強くしてから、“レンズぼかし”で周りをぼかしてメインを目立たせる事です。

   Camera360の使い方(植物編)

今回もCamera360から編集を始めます。

  1. 明るさの調整

    まずは“アルバム”から加工したい画像を呼び出します。

    retouching-plants3
     
    “編集→調整”と移って、“シャドー”を選択します。
    今回の様な派手加工だけでなく普段軽く編集する場合も、シャドーを使って明るくする事は、植物・料理・人物を綺麗に見せる為には有効な方法です!
    ただしやりすぎるとぼやけてしまうので注意しましょう。
    とりあえず適当に・・・全体の色味をみながらシャドーの調整バーを右へ動かします。
    右へ動かすと明るく、左へ動かすと暗くなります。

    retouching-plants4
     
    続いて“ハイライト”の調整です。
    ハイライトは写真が明る過ぎる場合はやや暗くしますが、そうでない場合はそのままでも大丈夫です。
    今回は画像上部の遠景部分の色を出したかったので、少し暗くしました。

    retouching-plants5

    この部分での明るさの調整は、最終的な“明るく綺麗な状態に近づける”のではなく、“色味を増やす為の調整”を行います。

     

  2. 色味の調整

    明るさの次は色味の調整です。
    先ほど色を多く出す調整をして、ここで鮮やかさを加えていきます。

    まずは“彩度”を調整します。

    “彩度”を選択して、先ほどと同じくバーを右に動かします。
    右へ動かすとより鮮やかに、左へ動かすと薄くくすんだ色になります。
    また適当に右へ動かして、色の階調が潰れない程度に鮮やかにします。

    retouching-plants6

    “彩度”の次は“鮮やかさ”です。
    違いは良く判りません(笑)

    “鮮やかさ”を選択して、バーを右へ動かします。
    こちらも、色の階調が無くならない程度に鮮やかにします。

    retouching-plants7

    保存されていないので、チェックマークで確定しておきましょう。
    これで最初よりだいぶ綺麗な写真になっていると思います。
    全体的には下記の様な調整になっています。
    後で変更しながら修正出来るのが、Camera360の便利な所です。

    retouching-plants8

    この時点ではまだ確定されていないので、チェックマークを押して確定しておきましょう。
    また、Camera360では確定後も過去にさかのぼって取り消す事も出来ます。
    あまり使わないかもしれませんが・・・

    続いて“色彩”を使って、更に鮮やかにしていきます。
    色彩ではそれぞれの色を指定して、“色あい・彩度・明るさ”を調整する事ができます。
    自分の写真に含まれている色を見ながら、それぞれ調整していきましょう。

    今回は“オレンジ・イエロー”の彩度を増やし、みかんを鮮やかに見せます。
    また、先ほどハイライトを減らして薄い写真になってしまったので、ここで明るさを増やして少しメリハリを付けました。

    retouching-plants9

    続いて“グリーン”の調整です。
    ここが植物写真の加工の重要な所です!
    自分の好みの緑にしましょう♪

    私は色合いを少しいじってやや深い色の緑に、彩度と明るさも少し上げています。

    retouching-plants10

    Camera360での編集はここまでです。
    続いてSnapseedでの編集に移りますが、使用しない場合はCamera360で明るさを明るく、コントラストを強くしておきましょう。

   Snapseedの使い方(植物編)

Camera360で色を調整したら、Snapseedを使って仕上げです。

  1. “HDR風”を使って派手加工

    本来の使い方とは違うと思いますが、HDR風というツールを使うと全体の色味が更に増し、絵本の様な綺麗な仕上がりになります。

    指を上下にスライドさせると、フィルタの強さ・明るさ・彩度が調整できます。
    最初はフィルタが強めなので弱くします。
    こちらも、指を右にスライドさせると強く、左にスライドさせると弱くなります。
    フィルタをやや弱くして、明るさや彩度は最後に調整するので0にしておきます。

    retouching-plants11

    先ほどまでは“写真”という感じでしたが、この加工をする事で一気にイメージが絵画のような雰囲気に変わります。
     
     

  2. 周りをぼかして引き立たせる
     
    続いて“レンズぼかし”というツールを使って、周りをぼかします。
    こちらは細かく指定してぼかす事は出来ませんが、ざっくりと形を指定してぼかす事が出来るので、手軽に使う事ができます。

    まず形ですが、下のツールバーの真ん中よりやや左、◎をタップするとぼかす範囲を円形か線形か選ぶ事ができます。
    またやや右のカードみたいな物を選ぶと、形を星形や多角形なども選ぶ事ができます。

    また、指で画面を上下にスライドさせると、“ぼかしの強さ”の他に“切り替え・周辺減光の強さ”を調整する事ができます。

    ぼかしの強さは、線と線で挟まれている箇所の、ぼかしの強弱を調整できます。
    切り替えは、ぼかしの範囲を広くしたり、せばめたりできます。
    周辺減光の強さは、ぼかし周辺を暗くしたりできますが、普段は0にしています。

    また画面をつまんで形を変形させたり、ぼかしの中心を移動させたりもできます。
    この機能を使って、見せたい場所いがいをぼかせるよう範囲を調整し、好みの強さでぼかします。

    今回は木を目立たせ遠景をぼかしたかったので、大きな円を下に移動させ範囲を遠くの木に合わせています。

    retouching-plants12

    また、別の写真では写り込んでいる人の顔をぼかし、建物を目立たせる為に使用したりもしています。

    retouching-plants13

  3. 最後に明るさとコントラストを調整

    最後に画像調整で明るさやコントラスト、シャドウやハイライトなどを好みに調整して完成です。ここでシャドウを強く、全体的に明るさを増すと綺麗に仕上がります。

今回加工したのがこちら!

retouching-plants2

また別の写真も。

retouching-plants1

いかがでしょうか♪

次回は料理編を公開予定です!

Instagram

Facebookで“いいね”
スポンサーリンク

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★

onlineshop-banner-moba

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です